食品の蓋を開ける時の裏技

コーヒーのフレッシュミルクやヨーグルトの蓋を開ける時、中身が飛び散らないようにするには、爪楊枝や千枚通しなど、手元にある穴の開きそうなもので、蓋に穴を開けます。すると、中身が飛び散らずに開きます。コーヒーのフレッシュミルクの蓋は、先に切り離すプラスチックの三角部分のとがったところを使うと便利です。パッケージされた食品は痛まないように、酸素を遮断しています。その時に、窒素などの気体を製造過程で密閉し、酸素を遮断しています。尚、密閉度を高める為に、若干の圧力をかけています。穴を開ける事で中の気体が先に出て圧力が下がると中身が飛び散らなくなるという訳です。
 
 
ホワイトシリーズ スクエア L

クリーン&シンプル、そして温かな乳白色の風合い。人の命、地球の命を考えた優しい台所用具。下ごしらえ・調理・保存を兼ね備えた、優れものです。1L牛乳1本分のヨーグルト作りや、味噌1kgの保存など、使い方いろいろ