O脚を直す方法

① 足をそろえてゆっくり前に曲げます (自然にひざがくっ付く状態)
② 1,2,3,と数えます。
③ ゆっくりと、立ち上がります。その時、ひざが元に戻らないように我慢しながら、頑張ります。
O脚は、体の重心が後ろにきているためになるらしいです。O脚でない人でも重心が、後ろの時は、ひざが開いているらしいです。ひざを、前に曲げる事で重心が前にもってこれる。毎日の訓練でかなり改善します。



笠原式・O脚対策サポーター

膝の外側にはみ出した「腓骨の小骨」を『2重の幅広強圧リブ編み』で押圧。
さらにはみ出した「腓骨全体」を『パワーテーピング』で押圧。
骨格補正の重要ポイントである「中足関節のゆるみ」を『強圧リブ編み』で押圧。