フローリングの傷を補修する方法

フローリングの傷を予防するには、ワックスをこまめにかけていれば、防止することができますが、万が一、傷がついてしまった場合、小さな傷の場合はフローリングと同色のクレヨンタイプの補修材を使います。ドライヤーで補修箇所を温めてから、傷部分に直角に塗りこみます。すると、傷の中まで良く入り、きれいに仕上がります。フローリングにはみ出した補修材は、柔らかいうちにへらなどでこそぎとり、乾いた布きれで拭き取りましょう。
フローリングの傷が深めの場合は、あらかじめ補修材を傷の大きさに切り取り、押し当ててからドライヤーで温めてます。溶けてくれば、へらなどを使って上から押し当て、フローリングにはみ出した補修材を、柔らかいうちにへらなどでこそぎとり、乾いた布きれで拭き取ります。
クレヨンタイプの補修材では補修できないくらいの大きなフローリングの傷は、パテ状の補修材を使って補修します。
補修する部分をサンドペーパーで下地を整え、傷の周囲にマスキングテープを貼ります。そして、パテ状の補修材で傷を埋め、へらできれいにならします。十分に乾燥すれば、サンドペーパーで仕上げを行い、フローリングと同色のペンキを塗ります。
尚、フローリングの傷を補修するには、見つけてからすぐに行ないましょう。一度、傷の付いた所はだんだんと広がって行きます。



床や柱、家具のお手軽キズ補修の定番「かくれん棒」シリーズのソフトタイプ



木材補修用 ウッドパテ 220g木材のひび割れ・穴埋めに



瞬間硬化式最高級補修剤キズ、なおしま専科(ダークオーク) 家中のキズはおまかせ!