畳の修理と手入れの方法

畳のへこみを直す裏技
家具やテレビなど、長期間、同じ場所に置いていると、畳がへこんでしまうことが、よくあります。そんなへこみを直すには、アイロンを使用します。
畳のへこみ部分に固くしぼった濡れタオルをあて、アイロンで蒸しますそうすると、へこんだ部分が膨らんできます。部屋の風通しをよくし、晴れた日の午前中、湿度の低いときに行うのがこつです。
 
 
黄ばんだ畳の復活
畳の古くなってくると、黄色く変色してしまいます。そんな黄ばんだ畳を緑色に復活させるのが、抹茶です。お湯で溶いた抹茶を雑巾に含ませ固くしぼって畳を拭きます。新品同様とまではいきませんが、多少緑色が復活します。


日焼けした畳がみちがえる!【新畳がえ ムースタイプ 】
 
 
焼け焦げを目立たなくする方法
焼け焦げが小さい場合は、焦げ部分を台所用の漂白剤を5倍ぐらいに薄め、焦げ部分を漂白します。
焦げが大きい場合は、金たわしで焦げ部分をこすり取ります。こすった部分がささくれた状態になるので木工用ボンドを水で十倍ぐらいに薄め、ささくれ部分の目に沿って、ボンドを塗ります。