皮・革・レザー製品の手入方法(裏技)

革製品に汚れがついてしまった時は、ばななの皮で落とします。ばななの皮の裏の白い部分をこすりつけ、乾いた布でふき取ると、きれいになります。
 
革製品を買ったときは、臭いが気になることがあります。そんな時は、固形石鹸をティッシュなどにつつみ、近くに置いておくと臭いが消えます。バックや靴など、中に入れておくと効果的です。
 
 
正攻法のお手入れはこちら

★革製品の必需品レザーマスター【LeatherMaster】

■革製品は汚れる前に保護する事をおすすめします。購入後すぐにプロテクションクリームを塗って革製品の表面を保護します。
定期的なメンテナンスにはソフトクリーナーで汚れを落とし、プロテクションクリームを塗って革を保護します。ソフトクリーナーで
対応できない積み重なった汚れには、ラピッドクリーナーを使用して下さい。プロテクションクリームは、6ヶ月に1回程度でお使い
下さい。使用頻度の高い革製品は、3ヶ月に1回プロテクションクリームをご使用下さい。有名鞄店や航空会社も使用する商品です。

[使用方法]

1.ソフトクリーナーをよく振り混ぜます。
2.スポンジにソフトクリーナーを充分付けます。
3.スポンジを揉むように泡立てます。
4.円を描くようにして毛穴の中に蓄積された汚れを洗い出します。
 (ポイントは決して強く擦らない)泡が消えてなくなれば(2)からの作業を繰り返します。
5.浮かび上がった汚れは、清潔な柔らかい布で拭き取り革製品を自然乾燥させます。
 革製品が乾いても汚れが見える時は(1)~(5)の作業を 繰り返してお手入れ下さい。
6.革製品が完全に乾いてからプロテクションレザークリームを乾いた布に取り全体に散布し乾かします。

資料提供及引用:ユニタス ファーイースト株式会社