靴を修理する方法

靴に傷がついてしまった時は、同色のクレヨンを傷の上から塗り、乾いた布でふき取ってやると目立たなくなります。

本格的な修理はこちら

お気に入りの靴がもう一度履ける!クリアタイプでどの色にも対応!【靴の修理屋さん】

靴の修理屋さんチューブ、サンドペーパー、プレート2枚、ヘラ、シューズワックス(クリアタイプ)【材質】合成ゴムヘラ:天然木プレート:ポリプロピレンシューズワックス:カルナパワックスサンドペーパー:紙・硅砂


【特徴】補修・乾燥後は、ゴム状弾性体となり、クツ底カカト等のすりへり部分の肉盛り成型に最適です。ゴムや皮革への接着性に優れております。ハガレ補修にもご使用下さい。

【ご使用方法】あらかじめ肉盛りや接着する面の汚れや油を落とし、必ずサンドペーパーできれいにしてください。付属のプレートを肉盛りする部分にテープで固定してください。補修する部分に靴の修理屋さんを直接塗り、ヘラで平らにのばしてください。完全に固まったら、プレートを取り外し、はみ出た部分をハサミ等で切り取ってください。靴の表面に薄く塗り広げ、乾いた布で磨いてください。
※クリアワックスなので、どんな色の皮靴にもご利用いただけますが見えない部分で試し塗りしてからご使用ください。
※一度に塗る厚さは3mm程度までにしてください。もっと厚く肉盛りする場合は完全に固まった後(約24時間後)でもう一度重ね塗りを繰り返してください。
※はがれ補修に使う場合は、ヘラで両面に均一にうすく塗り、約5~10分程度乾かしてから強く貼り合わせてください。
【ご注意】クツをはくのは、補修後24時間以上完全に乾燥させてからご使用ください。使用後は、チューブの口をキレイに掃除し、キャップをしっかり閉めて下さい。用途以外の目的に使用しないで下さい。使用方法・使用条件により、思わぬ損害が生じる事がありますので、ご使用前に目的の用途に適するかどうかお確かめ下さい。幼児の手の届かない、直射日光のあたらない涼しい場所に保管して下さい。アレルギー症状が出た方は、以後使用しないで下さい。皮膚についたら、すぐに洗い落として下さい。衣服につくと取りにくいのでご注意下さい。ポリエチレン、ポリプロピレン、軟質塩化ビニール、シリコーン樹脂、フッ素樹脂、油の付着しているものには接着しません。火気・換気、注意してご使用ください。