洗濯の仕方

洗濯をする前は、必ずほこりやごみなど払っておきましょう。ポケットの中もチェックし、中にものが入っていたら、取り出しましょう。洗濯した後では、ごみなどが付着してしまうと、かなり取りにくいです。

ファスナーは閉めておきましょう。ファスナーに他の衣類が絡まって、傷んでしまう原因になります。痛みやすい生地は洗濯ネットに入れて洗いましょう。そして、白物と色柄物に仕分けしておき、白いものから先に洗いましょう。
 
 
洗濯機を長い間回せば、汚れが落ちるという訳ではありません。長く回せば、それだけ生地も痛みますし、落ちた汚れも再び生地に付着してしまいます。洗いは5~10分ぐらいで十分です。すすぎも同じような理由で、溜めすすぎ3~5分を2回+注水すすぎ3分くらいで充分です。脱水は5分もかければ充分に脱水することができます。
 
 
洗剤をたくさん入れても、洗浄の効果はかわりません。むしろ、溶けずに残った洗剤が衣類に付着し、後で取るのが困難になります。洗剤の仕様説明に沿って、必要量いれましょう。
先に水かお湯に洗剤を溶かしておくと、むらなくきれいに洗うことができます。特に粉洗剤の場合は、効果的です。
 
 
柔軟材と洗剤は、効果がお互いに相反するものです。洗浄中に柔軟材を入れれば、洗浄効果が落ちます。すすぎを十分に行なわずに、洗剤分が残ったまま、柔軟材を投入しても、十分な柔軟効果が得られなくなります。柔軟材を入れるときは、すすぎが最終段階になったときに、入れると効果的です。
 
 
洗濯のりを使用すると、ぱりっと仕上がり気持ちのいいものです。また、汚れが付着しにくくなる効果もあり、次回洗濯する時に楽に洗濯することができます。
ただし、長期間タンスに閉まって置きそうな衣類などには、洗濯のりを使用しないでください。のりが水分を吸収し、変色やカビの原因になります。
 
 
洗濯機に洗濯物を入れる順番は、大きくてかさばる物から先に入れます。そしてネットに入れて洗うものは一番最後に入れます。そうすると回転がスムーズになり、効率よく洗濯が出来ます。
 
 
 

アイデアグッズ!洗濯ボールエコサターン【A-75233】


Entries of this Category
泥汚れをきれいに洗う裏技
紙おむつを洗濯してしまったときは
アクリル製のニット帽の洗濯
Tシャツのよれを予防する方法
コットン生地の洗濯
ポリエステル生地の洗濯
麻生地の洗濯
ナイロン生地の洗濯
アクリル生地の洗濯
レーヨン・キュプラ生地の洗濯
ビニール生地の洗濯
シルク生地の洗濯
ウール生地の洗濯
カシミヤ・アンゴラ生地の洗濯
シミ抜きの方法
セーターの洗い方
洗濯でしわを予防する方法
乾燥機の上手な使い方
立ちすぎた泡を消す方法
Yシャツをアイロンいらずで干す方法
泥汚れをきれいに落とす方法
メッキ加工のボタンのついた服の洗い方
洗濯物を干す裏技
部屋干しの臭いを防ぐ方法
靴下の上手な干し方
ストッキングの上手な干し方
洗浄力をアップさせる方法
薄手のブラウスの脱水方法
フリルの洋服の洗い方
汗じみ対策の洗濯術
色あせ防止の洗濯方法
漂白剤の代用品
シャツの黄ばみを取る裏技
プリント柄の衣類を洗濯する裏技
靴下の頑固な汚れを落とす方法
靴下の嫌な臭いを取る洗濯方法の裏技
Tシャツの色落ちを予防する洗濯方法
ジーパンの洗い方
洗濯用洗剤の上手な使い方
ドライクリーニングを自分でする方法
洗濯の仕方
縮んだセーターを元に戻す方法